【最新】2018年・全球団ドラフト1位候補、徹底予想!巨人は根尾昂を公表!

(10月25日更新)

今日は、運命のドラフト会議。

巨人は、大阪桐蔭・根尾の指名を公表。

ここ最近のドラフトではクジを外し続けているだけに、今年こそは見事、純ドラ1を獲得してもらいたいのだが……

12球団のドラフト1位を予想!

各球団のチーム状況から、ドラフト1位を徹底予想!!

今年のドラフトは、どの球団も競合必須か?

セリーグ6球団

巨人

10月24日更新

大阪桐蔭・根尾昂の1位指名を公表。

10月10日更新

巨人は、大阪桐蔭、根尾選手の指名に一本化する見込み。

坂本の後継者として、根尾を遊撃手として獲得したい模様。

今後の構想として、坂本の守備負担を減らすためにサードへのコンバート。岡本はファーストとレフトで起用しつつ、大型遊撃手として根尾を育てたいと言ったところか。

吉川尚や田中俊太など将来のショート候補生は軒並みセカンド枠へ方針転換となる可能性が高い。

10月7日次点

大阪桐蔭の根尾昂が濃厚。坂本の後継者、内野手として獲得に動く模様。

しかし、今シーズンの戦いぶりを見るからに、圧倒的補強ポイントは投手のはず。

多くの1点差ゲームを落とした要因の一つとして、リリーフ陣の崩壊が挙げられる。

マシソン、カミネロの相次ぐケガと、澤村、上原の安定感のなさが露呈。

さらに言うなら、先発陣も、ローテを守り切ったのは菅野のみ。

期待の田口は結果を残せず、山口俊はノーヒットノーランなど、エースとして十分な可能性を秘めていたが、チーム事情で配置転換。

FA加入の野上は、もはや先発は期待されていないし、吉川光夫もどうにもならない。

ヤングマン、メルセデス、今村、畠、2軍三冠の高田など、来季に期待できる投手がいるにはいるが、そこに賭けるつもりだろうか。

次点の補強ポイントは、外野陣か。現在のメインの外野陣は、陽、長野、亀井だが、年齢的にも怪我の心配も多く、そろそろ世代交代を進めたいところ。

若手外野陣は、重信、2軍二冠王の和田恋、成長株の松原など、来季に期待できる選手もいるにはいるが、1軍での実績はまだない状態。

以上の点から、1位は投手を狙うものだと予想していたのだが……現時点では根尾を内野手として獲ることが濃厚なようだ。

ただし、根尾行きを公表したわけではないので、巨人ファンを公言した吉田輝星投手に行く可能性もまだゼロではない。

広島

10月13日更新

スカウト会議が開かれ、候補者を改めてリストアップ。

大阪桐蔭・藤原、報徳学園・小園、東洋大・甲斐野らがドラフト1位最上位に。

吉田光輝に関しては、「ウチでなくともセリーグに来てほしい投手」というコメントを出しており、獲得の可能性は低くなりそうだ。

10月7日次点

金足農・吉田輝星、大阪桐蔭・根尾、藤原、報徳学園・小園ら高卒選手らが有力

現戦力に申し分がない状況ゆえ、高卒野手を中心にじっくり育てたい方針か。

現在主力の野手陣が20代後半の選手が多い。その選手たちと上手く世代交代できるように育成に力を入れるのは理にかなっている。

投手陣に関しては、野村がやや成績下降気味だが、大瀬良が最多勝争いをするほどに成長し、エースのバトンタッチが上手くいっている印象。さらにその次のエースを育てるため、吉田投手を狙う可能性も高くなっている。

ヤクルト

なんと、中日に続き、大阪桐蔭・根尾のドラ1指名を公表。

たしかに、ヤクルトのショートは手薄……複数球団の競合も覚悟の上、根尾を狙う。

昨年96敗したチームとは思えないような戦いぶりでセリーグ2位となったヤクルト。

交流戦あたりから打線が上向き、投手の起用法も上手くハマりだして一気に上昇した印象。

ただ、一部野手陣は、坂口、雄平、畠山、バレンティンなど、やや高齢状態であり世代交代のためにも高卒野手狙いの可能性も。

ただし、現時点の打者戦力があるうちに優勝を狙うのであれば、まずは即戦力投手だろう。

今季の先発で目立った活躍を見せたのはブキャナン、巨人にやたら強かった小川くらい。

先発として即戦力になり得る、東洋大の上茶谷が有力か。

DeNA

昨年ドラフトで獲得した東が大当たり。しかし、東を除くと先発投手陣がパットンしない状況。(パットンは中継ぎやろがい)

今永、濱口、東と左投手王国を築いてきただけに、先発の本格右腕は不足状態。

ということで、1位予想は、金足農・吉田輝星投手。次点で東洋大の3投手(甲斐野、上茶谷、梅津)か。

もし、競合を避けるなら、大学ジャパンのエース、日体大・松本航も面白いかもしれない。

野手陣は、中軸がそろっているが、1番打者かつ、二遊間の選手が物足りない印象。

FAで大和を加入させ、二遊間の競争を激化させたが、飛びぬける選手が現れなかった今シーズン。

遊撃手として根尾獲得を目指す可能性もあるが、どう動くか。

阪神

10月13日更新

金本監督がお気に入りと言われていた吉田輝星投手だったが、金本監督に退任により指名の可能性は下がったか

現時点で最有力は、大阪桐蔭・藤原だろう。

10月10日次点

高山、大山の連続指名など、野手獲得重視の印象が強い阪神だが、実は外野陣は手薄。

糸井、福留もさすがに年齢が厳しい。16年新人王の高山、昨年20本塁打の中谷が、今年成果を出せなかったのも痛い。

というわけで、1位予想はズバリ、地元、大阪桐蔭の藤原恭大外野手。

ええ加減、1位で即戦力ピッチャー獲れや!!という声も聞こえてきそうだが、実際、投手陣はそこまで悪い印象はない。藤浪さえモノになれば充分戦えるのではないだろうか?

ただし、大山の時のように競合を避けて、大学生投手を獲りに行く可能性もあるだろう。

金本監督が、力投型の吉田輝星投手をお気に入りとスカウトが名言。甲子園のスター獲得に動くか?

中日

大阪桐蔭・根尾昂の獲得を公表。

獲得時には二刀流育成プランも視野に入れているらしい。

今季は松坂効果で集客も回復しつつあるだけに、ここでスター選手を獲得して、客を呼べる使い方を、というのは賢いのかもしれない。

ただ、ビシエド・アルモンテが移籍の可能性を示唆していたり、若手捕手が0だったり、ベテラン投手が引退していったり……チーム状況的には、投手、捕手、内外野手、すべてが補強ポイントなだけに、ここで根尾を外すとかなり痛いことになりそうだ。

Sponsored Link

パリーグ6球団

西武

打っては繋がり、繋がっては打つ、超強力打線でリーグ優勝を果たした西武。

となると、欲しいのはやはり投手。

金足農・吉田投手を筆頭に、東洋大3投手(甲斐野、上茶谷、梅津)あたりが候補か。

ソフトバンク

24日、報徳学園・小園海斗の1位指名を公表。

 

圧倒的戦力を擁しながら、リーグ優勝を逃してしまったソフトバンク。

補強ポイントはズバリ、中継ぎ投手陣。

サファテが38歳という年齢を考えると、復帰したとしても、過度な期待は禁物。

あれだけ競合した田中正義も2軍の帝王状態。

ということで、1位は東洋大・甲斐野央を予想。158キロの剛腕でリリーフに最適の人材。

内川、松田、デスパイネが年齢的にも成績が下降する中で、野手の獲得も視野に入れたいところではあるが……まずは投手だろう。

日本ハム

何があろうと、その年のアマチュア野球で(話題性含めて)最高の選手に突撃するという習性もつ日ハム。

菅野強行や、大谷くん独占、昨年は清宮をゲットするなど、最もドラフトを賑わせてくれるチームだ。

1位予想は大阪桐蔭・根尾昂。二刀流の可能性は日ハムと相性が良い上に、二遊間を補強したいチーム状況ともマッチ。

金足農・吉田輝星も可能性としてはあるが、この二人のどちらを指名するか、日ハムも悩ましいことだろう。

オリックス

24日、報徳学園・小園海斗の1位指名を公表。

 

毎年、春先だけは強いのか?と一瞬思わされるものの、長期的に低迷しているオリックス。

ローテの軸の一人、西がFAで離脱する可能性が高いため、先発ローテに定着できる即戦力投手が欲しいところだろう。

一本釣り狙いで、ホンダ・齊藤友貴哉も面白そうだが、無難に東洋大3投手(甲斐野、上茶谷、梅津)を狙うだろうか。

野手陣は、吉田の4番定着はあったものの、主力は外国人に頼り気味。上位で投手。下位で強打者タイプを狙う可能性がある。

ロッテ

24日、大阪桐蔭・藤原恭大の1位指名を公表。

10月13日更新

広島・丸に対して4年20億を用意してFA獲得を目指す見込み。

もし、丸獲得が現実味を帯びると判断した場合、ドラフトで投手獲得に動く可能性もあるが……

10月10日次点

やはり投手陣の補強か。

涌井が陰り始めている上に、ハズレ1位最多競合だった佐々木千隼も、現時点ではイマイチ。

ロッテは近年、上位で高卒投手を獲得していないだけに、金足農・吉田輝星を狙いたいところ。

現在、若手が足りていないと感じる外野補強のために、大阪桐蔭・藤原恭大が最有力候補に上がっている。

 

楽天

東北のスター、ということで金足農・吉田輝星に熱視線を浴びせている楽天だが、補強ポイントは野手陣か。

昨年のドラフトで、清宮、村上を連続で外してしまったのは辛かっただろうが、今年もめげずに競合する可能性もある。

ということで、1位予想は大阪桐蔭・藤原恭大、根尾昂の二人

ただし、競合を避け、小園の一本釣りを狙う可能性も否定はできない。

各球団ドラ1指名予想早見表

(10月25日更新)

ヤク De 西 SB ハム オリ
根尾
吉田
甲斐野
上茶谷
梅津
松本
藤原
小園

☆=確定、◎=最有力、〇=有力、△=指名するかも?

Sponsored Link


ドラフト1位有力選手一覧

今年のドラフトは、大学生、社会人の即戦力にあまり目玉選手がいないという前評判だ。

やはり、人気は甲子園を沸かせた金足農のエース吉田と、ラスボスと言われた大阪桐蔭の主力選手2人だろう。

(選手情報は随時更新予定)

根尾  昂(大阪桐蔭) 【投手】【内外野手】

U18アジア大会で評価を爆上げ。木製バットでサイクルヒットを達成するなど、プロでの適応に期待がかかる。

現時点で、中日が獲得を公表しているが、その場合、投手との二刀流も視野に。

投手としては、最速150キロのストレートに加え、カーブ、スライダー、チェンジアップを持つ。

大阪桐蔭の甲子園春夏連覇に投打で貢献した逸材。

ドラフト前日の24日時点で、中日、ヤクルト、巨人の3球団が1位指名を公表。

本人は、遊撃手としての入団を希望している。

吉田 輝星(金足農業) 【投手】

甲子園で大旋風を巻き起こした、今年の夏の顔。

巨人に行きたいと素直に言うあたり、田舎の純朴な野球少年と云った感じだが、投手としての能力は一級品。

最高球速は152キロの本格派。フィールディングにも定評がある。

10月10日、プロ入り表明会見を行った。

12球団OKの姿勢で、各球団も戦略を見直しか

渡辺勇太朗(浦和学院高)【投手】

身長190㎝の超大型投手。

長身ながらもフォームのバランスは良く、将来性充分。

高卒投手の育成に力を入れたいチームにぜひともおススメしたい投手。

甲斐野 央(東洋大)  【投手】

158キロの剛腕。リリーフで適性を発揮。

直球のみならず、変化球でカウントを稼ぐこともできる。スプリットは決め球として脅威。

上茶谷大河(東洋大)  【投手】

かみちゃたにと読む。

大学4年から急成長し、台頭。151キロの速球を持つ本格派。

また直球に頼ることのない柔軟なピッチングで安定感も◎

実績がないのがやや心配だが、スカウトの評価は上々。

梅津 晃大(東洋大)  【投手】

最高球速153キロ。高校時代から、体ができればと将来性を買われていたが、見事開花。

松本  航(日体大)  【投手】

春季リーグで、61回を投げ、四死球がわずか6つと、非常に安定した制球力を持つ。

150キロ前後の直球も球威に申し分なし。即戦力として期待できる投手だ。

辰巳 涼介(立命大)  【外野手】

高い身体能力を持つ外野手。

レーザービーム並みのスローイングに定評がある。

バッティングは粗削りのようだが、遠くに飛ばせる魅力もある。

藤原を外した際のハズレ1位候補として有力か。

藤原 恭大(大阪桐蔭) 【外野手】

甲子園春夏連覇の大阪桐蔭の四番。

走攻守を兼ね備えた高校生ナンバー1外野手。ルックスもイケメンだ。

外野が高齢化するチームが多い中で、競合する可能性も高いと予想させる。

小園 海斗(報徳学園高)【内野手】

高校ナンバー1ショートの呼び声も高い、守備の名手。

俊足でありリードオフマンとしても期待される。

巨人ファンらしいが、巨人が根尾の獲得に向かった場合は、上位指名は厳しいか。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ