巨人、高橋由伸監督、続投か辞任か?監督としての成績と球界OBたちの意見は

メルセデスの好投虚しく、まさかの引き分け。7回には相手のミスからノーアウト1,3塁の大チャンス。外野フライでも内野ゴロでも1点入る可能性がある中で、凡退、凡退、凡退……これはマジで辛い!

DeNAに0.5ゲーム差まで詰め寄られ、これはCS進出まで怪しくなってきた。

そして気になるのは、高橋由伸監督の進退だ。フロントからは続投要請が出ているが、果たして、由伸監督はその要請を受けるのか、事態するのか、球界OBたちの意見を見てみよう。

高橋由伸監督の今季の成績は?

高橋監督

チーム事情から、半ば強引に巨人の監督に就任した高橋由伸。

現役時代は天才的なバッティングと勝負強さで多くのファンを魅了した。

しかし、監督となった現在は、その輝きは未だ垣間見えない。

監督としての成績は?

監督就任から3年、今季の成績は

137試合時点で、63勝、69敗、5分

今季は残り6試合。全勝したとしても勝率は5割、かなり厳しい状況だ。

就任から2年の成績は

16年が71勝、69敗、3分、勝率.507で2位

17年が72勝、68敗、3分、勝率.514で4位

意外にも、2年目は勝率が上がっているのにかかわらず、順位は4位。まぁ、この年は最下位のヤクルトにだけ勝ちまくっていた印象もあるので、それが原因だろう。

残念ながら、3年目にして勝率は下がってしまっている。

だが、過去2年よりチーム状態が悪くなっている感じはしない、むしろ良くなっているはずなのだが、今年は投手陣に故障者が多すぎたか。

由伸監督の功績は、若手の育成?

勝率という数字だけ見ると、たしかに成績は下がってしまっているが、チーム状態は上向きに感じられる。

その要因として、やはり、若手の台頭という面があるだろう。

中でも岡本和真の四番定着は特筆すべき点だろう。

月刊ジャイアンツ11号のインタビューによれば、岡本は「ファーストで1年間行くぞ」と監督に言われたことが、自身にとって一番大きな変化をもたらしたと語っている。

ここで結果を出さなければ2軍か、などと余計なことを考えなくて良くなったことで、吹っ切れたという。

実際、シーズン中盤に不審に陥っていた岡本をスタメンから外すことなく使い続け、3割30本を打つほどの選手に成長させた。

他にも、新人選手を積極的に起用し、それなりの結果を出させている。これは昨年までは見られなかった動きだ。

この点は評価されるべき点だろう。

Sponsored Link

球界OBの意見は?

巨人OB広岡

では、球界OBの意見を見てみよう。

プロの眼から見て、由伸監督の続投はありか、なしか

擁護派の意見

金田正一

「成績がすべてを物語るにしても、監督というのはルーレットみたいなもの。コマがなければ野球は勝てない」

篠塚和典

「監督は選手が期待に応えないと作戦も立てられないし成長できない。この3年間、そういう選手がいなかった」

関本四十四

故障者続出の今年は責任を問えない。ただ、もっとベンチ内で喜怒哀楽の感情を出してほしい」

川口和久

「投手起用に行き当たりばったりの采配が目立つが、来年こそは戦えるという流れを作った功績は大きい」

杉下茂

まだスタート地点。長い目で見て若い選手を使ったのがようやく目が出て実り始めたところ」

米田哲也

高橋監督は運が悪いだけ。バックが金満球団なんだから、いい選手をかき集めれば、すぐ名監督の仲間入り

権藤博

「続投ということは、監督として巨人のエースなわけです。腹を据えて頑張ってもらいたい。それだけです」

山崎裕之

現有戦力ではAクラスに滑り込むのが精いっぱい。野手はある程度育ったが、投手陣の奮起を促してほしい」

藤田平

原監督が長かったことで、次が育っていなかった。奇襲戦法や奇策を用いて、もっと野球を楽しめばいい」

田尾安志

就任時の事情を考えれば、3年で評価はできない。来年大きく変わるためには、高橋監督自身が変わるしかない」

 

以上が、比較的擁護派の意見だ。

状況的に、現在の成績不振は仕方がない。と言った意見が多かった。

気になったのは米田氏の意見だが、いい選手をかき集めれば……って、去年も今年も、FAなどで戦力補強はしているんだけどね……野上とかゲレーロとか。金満球団なんだからという皮肉が笑いを誘う。

関本氏や、川口氏のように、若手を育てたことを評価する意見もある。個人的にも、来年一年は由伸巨人を見てみたいと思わせるチーム作りはしているんじゃないかな、とは思う。

Sponsored Link


否定派の意見

広岡達朗

続投ならば巨人は終わり。CS出場で合格?3位でも日本一のチャンスがあるシステムでは、名監督は生まれない」

黒江透修

「見ていて歯がゆい戦いぶり。続投ならコーチ陣総とっかえで、野球を知っている監督経験者をヘッドコーチに

中村稔

「慶應大出身で監督にふさわしい人物だけに、次の監督登板にミソがつかないよう、一度、外で勉強しては

広野功

「いつも同じようなパターンで打たれている。野手出身の高橋監督のため、投手出身コーチの発憤が不可欠

広沢克実

ユニフォームを脱ぐのも手。次のチャンスまでにしっかり自分を磨き、監督としての幅を広げる道もある」

木俣達彦

「面白みがない野球で、このままじゃ客を呼べない。オーダーが固定されてくれば、強い時代に立ち返れる」

江本孟紀

「やる気があるのか。監督に不向きだと思いながらも仕方なくやっているように見える。もっと図々しくていい」

河村健一郎

「もう一度チャンスを与えるということを前提に、ここで一度ユニフォームを脱いだほうがいい

 

以上が、否定派の意見。

広岡氏だけ「巨人は終わり」とキッパリ。どうやら広岡氏は、自分のアドバイスを実践しない由伸監督にオコなようだ。CSのシステムにまで文句つけてるし笑

そのほかには、1度ユニフォームを脱いで、また戻ってくればいい。という意見と、コーチ陣を変えるべきという意見が目立つ。

たしかに、ファンからヘイトを集めている村田真一コーチは一度外して欲しいなぁ、というのが個人的な気持ちだが、由伸監督が続投したら、しれっと残っている姿が容易に想像できる。

あとはエモやんの言う通り、由伸監督の仕方なくやってる感はわかる。本当は燃え尽きるまで現役でやっていたかったんじゃないかな。特に、今季は上原の加入で、同年代の選手がプレーする姿を見て、思うところもあるだろう。

まとめ

球界OBたちの意見を見る限り、やはり、現在の状況は仕方がない、と思わせる材料は多いように感じられる。

たしかに、若手が育って来ている現状なら、来年は戦えると思わせてくれるし、もう1年くらい高橋由伸監督を見てみたいというのが個人的な意見だ。

それに、次の監督も現状では決まりそうにない。ただ、エモやんの言う通り、一番は本人のやる気次第と言ったところか。

 

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ