【4月26日(水)の試合結果】<広島7-6巨人> 巨人逆転負けで首位浮上を逃す、高橋監督「失点の形がもったいない」

4月26日(水)の試合結果
<広島7-6巨人>
先発 広島:福井(今季初先発) 巨人:大竹寛(中9日)


e695b207-s

スターティングラインナップ

先攻:巨人
1番、立岡(中)
2番、中井(二)
3番、坂本(遊)
4番、阿部(一)
5番、マギー(三)
6番、亀井(左)
7番、橋本到(右)
8番、小林(捕)
9番、大竹寛(投)

後攻:広島
1番、田中(遊)
2番、菊池(二)
3番、丸(中)
4番、鈴木(右)
5番、松山(左)
6番、安部(一)
7番、西川(三)
8番、會澤(捕)
9番、福井(投)


1回表、巨人の攻撃
立岡、内角のツーシームを打つもライトフライ 1アウト
中井、左中間への先制ホームラン!
広島0-1巨人

2回表、巨人の攻撃
マギー、センターへのヒットで出塁 1塁
亀井、外角のストレートを打つもセンターフライ 1アウト
橋本、ライトへのヒットで出塁 1,2塁
小林、内角のストレートを打つもファーストフライ 1アウト
大竹、外角のストレートを見送りフォアボールを選ぶ
立岡、ランナーフルベースからライトへのタイムリーヒット
広島0-3巨人 1,2塁

0e6f7a06-s

2回、広島の攻撃
松山、ツーベース 2塁
安部、ランナー2塁からセンターへのタイムリーヒット
広島1-3巨人 1塁

4回裏、広島の攻撃
丸、一度もバットを振ることなくフォアボールを選ぶ 1塁
鈴木、レフトへのタイムリーツーベース
広島2-3巨人 2塁
松山、ノーアウト2塁からライトへのタイムリーヒットで広島同点
広島3-3巨人 1塁

33569031-s

6回裏、広島の攻撃
鈴木、一度もバットを振ることなくフォアボールを選ぶ 1塁
代打・エルドレッド、センターへのヒット 1,2塁
代打・新井、敬遠気味のフォアボールで歩かされる 満塁
會澤、1アウト満塁からセンターへのタイムリーヒットで広島勝ち越し
広島5-3巨人 1,3塁
代打・堂林、ランナー1,3塁からライトへの犠牲フライ
広島6-3巨人 2アウト1塁

7回表、巨人の攻撃
小林、センターへのヒットで出塁 1塁
石川、ライトへのヒット 1,2塁
立岡、ランナー1,2塁からライトへのヒット 満塁
中井、ショートゴロの間に巨人1点をあげる
広島6-4巨人 1アウト1,3塁
坂本、ランナー1,3塁からライトへのタイムリーヒット
広島6-5巨人 1,2塁

7回裏、広島の攻撃
菊池、一度もバットを振ることなくフォアボールを選ぶ 1塁
丸、外角のストレートを打つもセンターフライ 1アウト
鈴木、外角のストレートを打つもレフトフライ 2アウト
エルドレッド、外角のスライダーを見送りフォアボールを選ぶ 1,2塁
安部、ランナー1,2塁からタイムリーヒット
広島7-5巨人 1,2塁

9回表、巨人の攻撃
石川、フェンス直撃のスリーベース 3塁
立岡、セカンドゴロの間に三塁ランナー石川が本塁生還
広島7-6巨人 1アウト
代打・村田、空振り三振を喫する 2アウト
坂本、一発出れば同点の場面で外角のストレートを見逃し三振でバッターアウト
ゲームセット

c576d118-s


巨人は逆転負けで首位浮上を逃してしまいました。
先発の大竹寛は5回0/3を投げ5安打4失点、今季初黒星。
4回、6回の先頭打者に四球を与えたことについて「そこが失点に結びついてしまった。(菅野)智之がいい流れをつくってくれた中でつなげられなかった。申し訳ない」と語っています。

高橋由伸監督のコメント
「失点の形がもったいなかった。先頭の四球がもったいない。打たれるのはしょうがない」
先発の大竹が4回と6回に、3番手の篠原が7回に先頭打者に四球を与え失点につながった。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ