2014プロ野球開幕!!巨人対阪神開幕戦をずばり振り返る検証!菅野、坂本、アンダーソンの活躍で勝利!

今年もいよいよプロ野球が開幕しました。今年の開幕カードは巨人は阪神との対戦。先発投手は菅野智之投手でした
20130406-528331-1-N
2回までは快調でしたが、3回連打を浴び4失点。東京ドームに非常に嫌なムードが流れましたが、3回裏ツーアウトランナー無しから、満塁のチャンスを作り、ロペス選手の走者一掃のツーベースで1点差につめよります。

4回に坂本選手のプロ通算100号の、同点ソロが飛び出し試合を振り出しに戻します。5回に菅野投手がピンチを迎えますが今日の試合のポイントはずばりここだったと思います。
46e09db2-s
その裏巨人は6点を取る猛攻を見せ、勝負を決めます。結局終わって見れば12対4の大勝で、巨人ファンに歓喜の開幕勝利を飾りました。
96958A9C81818A9995E2E1E1E38DE2E4E2E6E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXBZO5367727006042013000001-PN1-2
また新外国人アンダーソンも一発を放つ等の活躍を見せ日本野球の適正の高さも見せつけました。
7478d401dc1c67c17011e2d86d7ae627
最初の打席では綺麗な流し打ちで、レフト前ヒットを放つ等、かなり打率も残せそうです。

今日の試合は大味の試合になってしまった感は否めませんが、先発全員安打を決める等、打線としての最低の形は作りました。

また守備では、阪神福留選手のフェンス直撃の打球を長野選手が素早く捕球し、セカンドへレーザービームで返球しアウトを奪う等、
P2012041204029tyou-ns300
点差が開いていても守備陣に慢心は無く、原監督もある程度手ごたえを感じた試合だと思います。この試合の大きな分岐点は菅野投手が失点を4点で堪えた所にあると思います。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ