トレードが下手な巨人。いつも釣り合わないトレードをするのはなぜ?

巨人はこれまで、多数のトレードを行ってきましたが、その殆どは巨人が損をするトレードです。

巨人に来る選手は能力に偏りが多い選手が多く、逆に放出する選手は何でそんな良い選手をと言うケースが多いです。

トレードは、お互いに取ってメリットのある時に成立します。巨人の場合は、処分的にトレードに出される選手も中にはいますが、将来有望な若手を簡単に放出し、過去の成績は良い数字の選手を取るパターンが多いです。過去は過去であって重要なのはその選手はチームの一員として、機能するかどうかです。大抵は全盛期を過ぎていて代打要員などになる選手が殆どです。トレードで獲得した選手がレギュラーとして活躍する事は数少ないです。

足元を完全に見られています。過去にソフトバンクから無償トレードで、小久保選手がきましたが、小久保選手位ではないでしょうか?
10000723908_s
レギュラーとして大活躍したのは。小久保選手の無償トレードは謎です。一説では巨人が10億ソフトバンクに支払ったとも言われていますが、真相は藪の中です。

まあそれはおいといて、小久保選手は勝負強く、ホームランを40本以上打つ等、巨人のトレードの歴史の中で最高に輝きを放った選手です。ファンからもとても親しまれまた、小久保選手もファン1人1人をとても大切にしていました。FAでソフトバンクに戻ってしまいましたが、巨人での活躍した姿は今でも目に焼き付いています。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ