今年は再び首位打者を狙う、強肩強打が持ち味長野久義の戦いが始まる

近年、巨人の守備力が年々向上している。中でも外野手は強力な布陣が名を連ねる。その中でもレギュラーで大活躍して欲しい選手が長野久義選手です。
20130312233522b39
全てにおいてポテンシャルが非常に高く、今年は3番ライトで起用される事が濃厚。長野久義選手は逆方向にも長打が打てる打者で、3番長野、4番阿部、5番村田のジグザグクリーンナップ相手球団に取っては脅威の存在になりそうです。

特に長野選手が足が速い事から、本来なら4番打者の時には動くなが原則ですが、隙があれば、スチールを仕掛けるシーンも今年は多く見られそうです。また守備力にも定評があり、幅広い守備範囲と、球界の中でもトップクラスの強肩で対戦チームの本塁突入を阻止します。また昨年はライトゴロを3回も記録するなど、判断力にも非常に優れており、外野手のリーダーとして今年も活躍が期待されます。
img_e797aba2d30671e1dc1c5675531e494d24547
昨年は一時期スランプに陥りファンを心配させましたが、最終的に打率は3割には届かなかったものの280台まで巻き返しており、今年は再び首位打者のタイトルを狙いに行って欲しいです。その為には如何にスランプの時期を短くするのかとフォアボールをたくさん選ぶ必要があります。フォアボールは打率は上がりませんが、下がりもしません。首位打者争いで最後に大接戦になった場合フォアボールの数がものをいわせます。

今年も長野選手の活躍から目が離せません。

長野久義は本当にいい人だと思う動画・・・坂本勇人との最多安打争いをしていた長野が坂本をたてる原監督の策にベンチにさがった・・・それを見て坂本の涙。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ