【高木勇人】高木勇人投手、契約更改で声を失う。原因は不明

12月26日、都内・球団事務所で行われた契約更改。

高木勇人投手は500万円減の年俸3700万円でサインしました。

b6b176b3

今季は5勝9敗

しかし、プエルトリコでのウィンターリーグでは防御率2・50をマークしています。

契約更改の直後、会見に臨みました。

なぜか声が出ないため『ヒソヒソ会見』となってしまったようです。

「高木選手は本日、声が出ないため、近くにお集まりください」

球団旗の前に座り

「座ったままで大丈夫ですか」と小さな声で一言。

プエルトリコから帰国した直後から声が出なくなってしまったということです。

原因は不明。

「原因は分からないです。体調は別に悪くないのですが…。あっち(プエルトリコ)は湿気が多いので乾燥のせいかもしれません」

帰国後は三重の実家に帰省し妹の結婚式に出席。

そこで飲み過ぎたという原因でもないようです。

近くに寄らないと聞こえない声量という事で、報道陣が高木投手の周りを取り囲む異例の会見となりました。

1年目は9勝10敗

2年目の今季は5勝9敗、防御率4・31

3年目の飛躍を目指し、海外への武者修行に出掛けていました。

海外では松坂大輔と同じチームに所属し、0勝4敗ながらも防御率2・50をマークしています。

「憧れの松坂さんが一球一球丁寧に投げる姿を見て、自分もそうしないといけないと思いました。アグレッシブに、一球一球考えながら投げる。打者を感じる感覚を研ぎ澄ませて、打者と勝負していきたい。変わっていきたい。どんどん変わっていきたいです」

平成の怪物から、何かいい影響を受けたようです。

 

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ