【内海哲也】内海哲也投手が腫瘍摘出手術を受けたことを発表

12月26日、腫瘍摘出手術を受けたことを発表した内海哲也投手。
都内の病院で、胸腔鏡による縦隔腫瘍摘出手術を受けたようです。

 

1f7ac691

 

堤GMは以下のように説明しています。
「シーズンオフの人間ドックでその可能性が見つかった。22日に都内の病院で診断した結果、腫瘍があるということで今日、手術に至った」

今月の30日には退院できるとのこと。
1月下旬に投球練習を再開するようです。

岡本和真内野手、200万円減の年俸1200万円でサイン

東京の大手町にある球団事務所で契約更改をした岡本和真内野手。

 

788d2e02

 

200万円減の1200万円でサインしました。

今季の一軍出場はわずか3試合で10打数1安打

来季は出場機会を増やすため、三塁や一塁だけでなく外野手にも挑戦するために練習を続けています。

「将来的にサードでレギュラーで出たいという気持ちはありますが、1軍で試合に出られればそれ(ポジションは)はどこでもいい。打って結果を出せば、それは開けていく」

来季のレギュラー定着に向けてサードだけにこだわらず他のポジションにも挑戦し、打って結果を残す意欲を示しました。

 

今季限りで引退の矢貫俊之氏、球団職員で再出発

今季限りで引退となった矢貫俊之さん(33)。

 

78876207-s

 

来年の1月1日付で球団職員となる事になりました。

配属部署は営業企画部兼運営部。

球団職員としての再出発を、このようにコメントしています。

「自信はないですけど、ジャイアンツのために何ができるかを考えながらやっていきたい。情熱をぶつける場所を与えてくれて感謝しています」

引退後の生活について、笑顔で以下のようにコメントしました。

「すこぶる体調がいい。あしたから現役でやってくれと言われればできそうなくらいだが、自分の中で区切りをつけたので。いろいろな人にあいさつをしながら、次への準備を進めたい」

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ