【30億円の大型補強】総額30億円とされる大型補強も、“捕手不在”は来季も深刻

総額30億円とされる大型補強を行った巨人。

先発と中継ぎ投手、外野手をFAで三人も獲得。

4番候補と抑え候補の新外国人も獲得しています。

しばらく優勝から遠のいている巨人がV奪回を目指すため、今回の大型補強となりました。

そんな巨人にも補強で補えないような弱点があるようです。

それは捕手のポジション。

797cd57e

長らく正捕手を務めてきた阿部慎之助捕手が一塁手に専念するため、正捕手を完全に小林誠司捕手に譲ることに。
しかし、高い評価を受けているのは強い肩だけ。
打率の方は、今季.204と規定打席到達者の中では最下位に終わっています。
他球団からは「8番打者がアンパイなのは助かります」と言われる始末。

球界関係者のコメント
「球界全体の捕手難の影響で、誰かを取ろうにも“タマ”がいない。FA戦線では権利を持つ楽天・嶋の動向を何年も注視しているが、結局残留を決めてしまった。コミュニケーションが大事な捕手だけは、外国人を連れてくるのは難しいポジションとされ、さすがの巨人も助っ人で補うわけにもいかない。手を打たないのではなく、打てないのです」

危機的状況に、阿部捕手は小林捕手と自主トレをすることに。
「小林をどうにかしないと巨人は大変なことになる」

この危機的状況について関係者は以下のように語っています。
「小林は昨オフもベテラン捕手の相川と自主トレを行っている。この時も相川は『いろいろ伝授する』と言っていたが、結果は出ていない。大学、社会人を経由している即戦力で3年が経過。出てくる選手はもう出てきている。1年目を終えた宇佐見という若手有望株がいるが、まだ一軍経験ゼロ。2番手捕手の名前すら出てこないのは危機的な状況といえます」

捕手という最大のウイークポイントを補わなければならない巨人。
阿部と小林のグアム自主トレで、大きな成果が得られることを期待するしかありません。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ