【村田修一】プチ断酒の村田修一内野手、レギュラーを守るため「負けるわけにはいかないでしょ」

12月9日、村田修一内野手は「神奈川県立こども医療センター」を訪問しました。

2ea685ed

大型補強について聞かれ、

「負けるわけにはいかないでしょ。レギュラーを守る。100打点、打ちたい」と語りました。

来季は、元楽天ケーシー・マギー内野手、日本ハムから巨人へFA移籍が確実と報じられている陽岱鋼と野手の層が厚くなっています。

2008年の横浜時代以来となる3ケタ打点のためプチ断酒しているようです。

会食の飲酒はOKですが、自宅での晩酌は一切せず。

3桁に届きそうな体重を減らすため

「何で太るのかなって考えたらお酒かなと。会食以外は控えてます。飲むのは水ですよ、水」と酒を断ちダイエットに励んでいます。

神奈川県立こども医療センターとの縁は

2006年に長男の閏哉君(10)が超低出生体重児で生まれ治療したことから。

 

f2941d63-s

それ以来、1安打につき1万円の「ささえるん打基金」を実施しています。

今季は160安打とクライマックスシリーズの5安打を合わせて165万円を寄付。

この活動も9回目となり

「去年は(79万円で)反省だった。しっかりした形で訪問できて良かった」と好成績を残し多く寄付出来たことに喜びのコメントを残しています。

訪問するたびに力をもらっていると語る村田選手。

この日も新生児病棟から「頑張って」と声援をもらいました。

「ここに来るとお子さんから元気をもらっている。また頑張ろうって」

来年はもっと良い成績を残し、センターへ戻ってくることを誓いました。

 

 

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ