【大型FA補強】巨人が大型補強に成功、元楽天のケーシー・マギー内野手と合意

巨人は来季のV奪還に向けて、DeNAの山口俊、ソフトバンクの森福允彦をFAで獲得。
巨人のFA補強は2014年のヤクルトの相川亮二、DeNAの金城龍彦の二人以来2年ぶりとなりました。

トレードで大田泰示を放出し、日ハムの吉川光夫を獲得。
先発陣の補強をしています。

まだ正式発表ではありませんが、元楽天のケーシー・マギー内野手と合意。
阪神との争奪戦を制しました。

86ceb92b

野球賭博により昨オフは沈黙の巨人でしたが、来季に向けた大型補強を仕掛けてきています。
この補強に巨人OBの広岡達朗氏はこうコメントしています。


広岡達朗氏
「巨人の監督、コーチが“うちでは選手を育てることができません”と言っているような補強だ。
特に失望したのは、吉川ー大田のトレード。
大器と呼ばれた大田を育てきれなかった。
昔話で恐縮だが、古き良き時代の巨人は決してこうではなかった。
トレードなどの補強はあったが、中心となる選手は走攻守3拍子が揃っていて、しっかりと内側から育て、チーム内に激しい競争の原理があった。
 日ハム、広島の優勝は、育成の重要さを示し、またソフトバンクも、今オフはFA補強に乗り出さなかった。
外国人にお金をかけるのは、資金力のある球団の長所としてよしとすべきだが、数年前から3軍を作り、育成の重要さに気がついたのだろう。
巨人も3軍制を採用した。生え抜きの育成に目を向けていると思っていたが、また同じことを繰り返している。
これでは選手が育たない。
FA補強で勝って意味があるのか」

その一方、元千葉ロッテの里崎智也氏は理解を示すコメントをしています。


里崎智也氏
「巨人は勝つことを宿命づけられているチームです。
もし来年も優勝を逃すようなことにでもなれば高橋監督へのバッシングの嵐が吹き荒れるでしょう。
他チームとは立ち位置が大きく違うと思うんです。
そうなると、資本力のあるチームですから、FA補強に乗り出すのは仕方がないのではないでしょうか。
フロントも含めて他のチームに比べて負けられないプレッシャーは尋常ではありません。
どのチームにも主力の力が落ちる転換期があります。
巨人は、ほとんどBクラスには落ちていないチームです。
そういう転換期をうまく補強で乗り越えることに成功しています。
今、巨人は、その転換期に入っています。
先発がいないところに山口、吉川の2人が加わり、菅野、マイコラスが開幕から万全で揃えば、田口も含めて先発が5人揃います。
また森福の加入で山口鉄への負担も減るでしょう。
広島から2桁勝った黒田が抜けることを考えると、現時点で巨人が優勝候補でしょう。
そう予想させるチームをオフに作ったフロントの仕事は評価しなければならないのでは」

巨人が強くなければ、「金でかき集めたチームに負けたくない」と『アンチ巨人』も盛り上がらずペナントレースもつまらない。
他球団の大補強に賛否両論が起こらず、巨人にだけ起こるのも巨人ブランドが健在である証拠なのでしょう。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ