【2016年プロ野球ドラフト会議】巨人はドラフト1位に創価大・田中正義を指名すると宣言

10月20日に行われる「2016年 プロ野球ドラフト会議」

18日に巨人のスカウト会議が東京都内の球団事務所で開かれました。
山下スカウト部長は「1位(候補)に関しては3人。名前は言えないけれど、大学生」と明言しました。

田中正義、佐々木千隼、柳裕也の大学生3投手に絞り込んだようです。

くじを外した場合は高校生候補の指名も。

特に田中正義、佐々木千隼の両投手の評価が高く、山下部長は「(ドラフト当日の) 20日に監督が来られるので、そのときに決めようとなった。監督にはまだビデオを見せていないので、 見てもらって意見交換して決める」と話しました。

競合を嫌うライバル球団が降りる可能性あるため早めに一人を公言してしまったほうが良いという声もあります。

しかし、昨年のドラフト1位指名の桜井が今季わずか1試合登板。
球団内では今年は失敗できないと慎重な様子。

19日には、堤GMが報道陣に「明日は田中投手で。決めました。選手として、うちのチームに必要になる1番の投手かなということで」と公表しました。

田中正義
(たなか せいぎ)

4d0cef35

ポジション 投手
生年月日 1994年7月19日
身長 186㎝
体重 89㎏
投打 右右

最速156キロの大型右腕
創価大でリーグ戦通算30登板、20勝1敗、防御率0・71をマーク
昨年6月には大学日本代表とNPBの若手選抜との試合(神宮)で4回完全、7者連続を含む8奪三振を奪う圧巻の投球を見せていました。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ