今年は伝統の一戦巨人対阪神からスタート。ロケットダッシュなるか?

昨年は開幕7連勝と見事開幕ダッシュに成功した巨人。今年は昨年終盤まで優勝を争った阪神と開幕カードを迎えます。
巨人の原監督3月24日のファンミーティングの席上で開幕投手が菅野智之投手である事を明言しました。やはり安定感が変われたのでしょう。
342028
阪神の開幕投手は能見篤史投手が濃厚です。能見投手は、セリーグの先発左腕でも、攻略しずらい投手です。

開幕戦は緊迫した投手戦になりそうです。先ずは能見投手を攻略し、早々とマウンドから引きずり下ろしたい所。

しかし、能見投手のはまった時の投球は1点取るのが大変です。そして阪神ファンの大声援がバックアップします。

東京ドームで通常は8対2の割合で巨人ファンが多いですが、阪神戦の場合は5対5です。

やはりファン同士も伝統の一戦の意識が非常に高く、熱い声援が両軍に送られます。ここで阪神相手に3タテすれば今年もロケットダッシュする事が現実味を帯びてきます。

また開幕カードで阪神に対し、やはり巨人は厄介な相手と意識づければ、ペナントレースでも優位の試合を運べます。

最低2勝1敗でここは乗り切りたい所ですが、昨年屈辱を味わった阪神も黙ってはいないでしょう。

特に打線は繋がると得点能力が高いチームなので、乗せない事が重要です。

ここで打線を沈黙状態にしておけば前述の通り巨人に取っては非常に優位にペナントレースを戦えるでしょう。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ