【セ・リーグ個人タイトル確定】セ・リーグ全日程が終了し坂本勇人が首位打者に

10月1日でセ・リーグのレギュラーシーズンの全日程が終了となりました。
全日程が終了となったことで個人タイトルが確定。

巨人は、坂本勇人が打率3割4分4厘で首位打者を獲得。
菅野智之が防御率2・01、189奪三振で最優秀防御率と奪三振王の2冠を獲得。
澤村拓一は37セーブでセーブ王。
マシソンは49ホールドポイントで最優秀中継ぎとなりました。

他球団では、DeNAの筒香嘉智が44本塁打、110打点で本塁打王と打点王の2冠を獲得。
40本塁打以上は、日本の選手では2011年に西武の中村剛也が記録した48本以来となりました。
セ・リーグでは10年前の阿部慎之助以来となります。

ヤクルトの山田哲人はプロ野球史上初の2年連続トリプルスリーとなりました。
打率.304、38本塁打、30盗塁。
さらに山田は30盗塁で2年連続の盗塁王へ。

広島の野村祐輔は16勝で勝率8割4分2厘で最多勝と勝率1位になりました。

首位打者・坂本勇人の今シーズンの成績

5a385754-s

打率 .344
試合数 137
打席数 576
打数 488
安打 168
二塁打 28
三塁打 3
本塁打 23
塁打数 271
得点 96
打点 75
得点圏打率 .339
三振 67
四球 81
死球 0
犠打 1
犠飛 6
盗塁 13
併殺打 6
出塁率 .433
長打率 .555
OPS .988

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ