【9月17日(土)の試合結果】巨人 vs. ヤクルト 巨人逆転負けでヤクルトは東京ドーム最終戦で今季初勝利

9月17日(土)の試合結果
巨人2-5ヤクルト
先発ピッチャーは 巨人・大竹寛 ヤクルト・杉浦

本日の試合はヤクルトに逆転負け。
ヤクルトは東京ドームでの連敗を10で止めました。
巨人先発の大竹寛は6回途中4失点で5敗目となりました。

abe99013

スターティングラインナップ
ヤクルト
1番、坂口(中)
2番、川端(三)
3番、山田(二)
4番、バレンティン(左)
5番、雄平(右)
6番、鵜久森(一)
7番、西浦(遊)
8番、西田(捕)
9番、杉浦(投)

巨人
1番、長野(中)
2番、亀井(右)
3番、坂本(遊)
4番、阿部(一)
5番、村田(三)
6番、ギャレット(左)
7番、辻(二)
8番、小林誠(捕)
9番、大竹寛(投)

4回裏の巨人の攻撃
坂本が真っ直ぐを見送りフォアボールで1塁。
1塁走者の坂本がが盗塁成功で2塁に。
村田は1アウト2塁からレフトへのタイムリーヒットで巨人が先制 巨1-0ヤ

d4c06904

ギャレット二塁打で2,3塁。
辻は一度もバットを振ることなくストレートのフォアボールで満塁に。
小林がランナーフルベースから押し出しの死球で 巨2-0ヤ

5回表のヤクルトの攻撃
三輪がファーストへの内野安打で1塁。
川端ライトへのヒットで1,3塁。
山田がショートゴロの間にヤクルト1点をあげる 巨2-1ヤ

6回表のヤクルトの攻撃
雄平センターへのヒットで1塁。
西田がレフトへのタイムリーツーベースで同点に。 巨2-2ヤ
飯原はランナー2塁からセンターへのタイムリーヒットでヤクルト勝ち越し。 巨2-3ヤ
坂口ライトへのヒットで1,2塁。
川端は外角のスライダーを見送りフォアボールで満塁に。
山田がランナーフルベースからレフトへのタイムリーヒット。 巨2-5ヤ

巨人は、先発の大竹寛が6回につかまってしまいました。
西田の打球が前進してきた左翼手・ギャレットの手前で大きく弾んで後逸。
守備の乱れもありヤクルトに逆転を許してしまいました。
しかし、育成出身の長谷川が1軍登板3試合目で初の1イニング無失点。
今後に期待したいですね。

ヤクルトは東京ドームでの連敗を10で止め、山田は22打席ぶりの安打となりました。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ