【9月6日(火)の試合結果】阪神 vs. 巨人 巨人連敗4で止めて菅野9勝目

9月6日(火)の試合結果
阪神2-4巨人
先発は 阪神・藤浪 巨人・菅野

本日の試合は、巨人の連敗が4でストップ。
甲子園での試合は今季無敗の7勝。
菅野は9勝目になりました。

8f6d46ec

スターティングメンバー

巨人
1番、長野(中)
2番、片岡(二)
3番、亀井(右)
4番、阿部(一)
5番、村田(三)
6番、ギャレット(左)
7番、クルーズ(遊)
8番、小林誠(捕)
9番、菅野(投)

阪神
1番、北條(遊)
2番、上本(二)
3番、高山(左)
4番、福留(右)
5番、ゴメス(一)
6番、鳥谷(三)
7番、柴田(中)
8番、坂本(捕)
9番、藤浪(投)

坂本勇人が4日の中日戦での自打球の影響でスタメンを外れました。

巨人は
2回表に、長野がランナーフルベースからライトへの犠牲フライで先制。
4回表にはクルーズがライトへのヒットで1塁。
小林が送りバント成功で1アウト2塁。
菅野が1アウト2塁からセンターへのタイムリーツーベースで加点。
5回表、阿部のセカンドへの内野安打で1塁。
村田はレフトへのヒットで出塁し1,3塁に。
クルーズが上本の悪送球で出塁し0-3。
5回までに阪神の先発・藤浪から3点を奪いました。

阪神は
5回裏に高山の2アウト1,2塁からレフトへのタイムリーツーベース。
福留の2アウト1,2塁からのタイムリーヒットで2点を返しました。

5回に阪神打線につかまり4連打の菅野でしたが、6回2失点の好投で今季9勝目。
タイムリーツーベースにもびっくりでした。
菅野も二刀流になれるかもしれませんね。

高橋由伸監督のコメント
「チャンスはあったので、もう1点、2点取れれば楽になっていた」
「勝つことがすべて。1つ勝って流れを変えられるように」

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ