【9月4日(日)の試合結果】巨人 vs. 中日 巨人4連敗、マイコラス8回に4失点

9月4日(日)の試合結果
巨人3―5中日
先発は巨人・マイコラス 中日・小笠原

今日の試合は巨人が8回で逆転を許し4連敗に。
最下位の中日に3タテされてしまいました。

スターティングメンバー
中日
1番、大島(中)
2番、エルナンデス(二)
3番、森野(一)
4番、福田(左)
5番、平田(右)
6番、高橋(三)
7番、堂上(遊)
8番、杉山(捕)
9番、小笠原(投)

巨人
1番、長野(右)
2番、重信(中)
3番、坂本(遊)
4番、阿部(一)
5番、村田(三)
6番、ギャレット(左)
7番、クルーズ(二)
8番、小林誠(捕)
9番、マイコラス(投)

巨人は
1回裏に長野のレフトへのツーベース。
坂本は1アウト2塁からのレフトスタンドへの2ランホームランで先制しました。
2回裏にはギャレットのレフトへの2塁打。
小林誠司が1アウト2塁からセンターへのタイムリーヒットで3-0。
fbc4397e-s

cd1940af-s

しかし8回裏で中日が反撃。
村田のファンブルで平田が出塁。
高橋周平のセンターへのヒットで1,2塁に。
堂上の送りバントで1アウト2,3塁。
ランナー2,3塁から藤井がセンターへの犠牲フライ。
代打・野本が2アウト2塁からセンターへのタイムリーヒット。
大島センターへのヒットで1,3塁。
1塁走者の大島が盗塁成功で2,3塁に。
エルナンデスが2アウト2,3塁からのレフトへの逆転タイムリーヒット。

先発のマイコラスは7回まで好投を見せてくれましたが8回で崩れ4失点。
3番手の澤村も暴投で1失点。
ベンチ上の屋根まで届く大暴投と、とんでもない球を投げてしまった。
1イニングで2度も暴投をしてしまい2点差に広げられてしまいました。

巨人は直近10試合1勝9敗の大失速。
先発のマイコラスは8回途中4失点で今季初黒星となってしまいました。

高橋由伸監督のコメント
「(敗因は)ミスといえばミスかもしれないが、もう1点取れなかったのが、こういう形になったのかもしれない。
何を変えたら勝てるとかそういう問題じゃない。今まで通りやることしか考えてない」

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ