期待の若手の才能開花!田口麗斗はどこまでいくか!?

巨人のエースは現在菅野投手と言えますが、そんな菅野投手よりも勝ち星を挙げている投手がいます。それは高卒三年目の期待の若手、田口麗斗投手です。
かつて巨人の左のエースには内海哲也投手がいました。2016年は復活を果たしていますが、その内海投手のように長年活躍をできる才能を持っていると言えるのが田口投手です。

レベルの高い投手!それが田口麗斗!

taguti

投手として高い制球力を誇り、まさに試合を作ることができる投手です。
高校時代も奪三振記録を作った松井祐樹投手と並び称され「東の松井、西の田口」と言われるほどの才能の高さを誇っていました。その才能は2016年一気に開花しました。まだまだシーズン途中ですがすでに9勝を挙げています。10勝を挙げることはほぼ確実だと言えます。チームの生え抜き左腕で言えば内海投手以来の快挙になります。
近年の巨人の高卒投手で10勝以上を挙げたのは桑田投手や東野投手が浮かびますが、そのクラスの選手に並べるほどの逸材と言えるでしょう。
今年の甲子園では高校の後輩である堀投手が広島新庄高校を甲子園にまで導きました。すでに堀投手には「田口二世」と声が上がるほどの投手に成長しています。自分自身の二世と呼ばれる投手がいると言うことは非常に名誉なことです。高校の後輩だけでなく、高校野球界に自分自身の二世が多数誕生するまで活躍してほしいものです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ