石毛博史剛腕ストッパー橋本清とのコンビで大活躍。優勝に大きく貢献

藤田監督の元、その素質を高う評価されていた、石毛博史。
キャプチャ178
抑えの切り札として大抜擢され、抑え石毛。セットアッパー橋本の勝利の方程式を完成させました。石毛はストレートが速く最速154キロ。またスライダーとフォークボールの変化が大きく思わず打者が腰を引くようなスライダーをなげますが、ベース付近で大きく曲がりベースをかすめて通りストライクとなる程、その変化の大きさは相手打者に取っては非常に脅威を与える武器でした。

またフォークぼーうも思わず打者が振ってしまうフォークボールです。石毛のウォークポイントはコントロールがアバウトな点です。抑え投手で1番の致命傷となりねないのはフォアボールです。石毛は調子が良いときと悪い時の内容があまりにも違う選手でした。調子の良い時は制球も定まっており、文句のない投球を披露しますが、調子の悪い時はストレートのフォアボールを連発押し出し四球を出す事もしばしばありました。

1点差ではとても頼りの無い投手です。それでも最優秀救援投手のタイトルを獲得しています。また、セットアッパーの橋本にも同じことが言えます。やはり投手はコントロールが生命線ですどんなに速い球を投げても、ボールなら何の意味もありません。135キロのストレートでもコントロール良く投げ分けられれば、全く問題はありません。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ