現在は2軍監督。現役時代は勝負強い打撃センスで勝利に貢献 岡崎郁

巨人軍の選手には過去様々選手が在籍し、あらゆるポジションに付いてきたわけですが、現在2軍監督の岡崎郁 も、個性豊な選手でした。
キャプチャ150
打率は決して高くないのにファンを魅了してしまう。そのセンスの良さは、勝負強い打撃が身上でした。何故かランナーがいない時は凡打が多く、ランナーがいると闘志に火が付く非常にわかりやすい選手でした。また気まぐれやとまでは行きませんが、選球眼も良かった選手です。

岡崎は主にサードを守っていましたがグランド整備が行われる。3回・5回・7回にはグランドキーパーに注文をつける事が非常に多く、グランドキーパーの間では巨人戦の3塁はやりにくいと言われる程、アンツカーの整備に非常に気にしていた選手です。余程イレギュラーするのが嫌だったのでしょう。

岡崎のサードの守備力は悪くも無く良くもない、普通の守備能力です。守備の面においてこれは!と言う特徴のない選手でした。あまりファンサービスは旺盛ではありませんでしたが、ファンの間では人気選手でした。

打率は大体270前後が多く、300を打つバッターではありませんが勝負強い打撃で次の打者へ繋ぐのが岡崎の真骨頂です。足もそれ程速くなく標準的なプレイヤーでしたが、何故かファンは岡崎を支持する人が非常に多かったです。2軍監督となった今でもジャイアンツ球場でサインを求められる事があるそうです。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ