背番号24 高橋由伸の先人はどんな選手か?

やはり、巨人軍の背番号24と言えば中畑清でしょう。彼は、どんな時でもマスコミに【絶好調】と受け答えしています。それが、どんなに不調な時でも【絶好調】と言っていたのは有名な話です。
キャプチャ75
中畑は巨人軍のムードメーカーでした。中畑がチームが低迷している時でも、中心となりチームの士気が下がらない様に明るく常に」振る舞っていました。中畑は成績以上に記憶に残る選手です。

大森も背番号24をつけましたが、選手生命は短かったです。運が悪い選手でした。デビュー戦でレフトオーバーのツーベースを放ったかと誰しもがおもいましたが、栗山【現北海道日本ハムファイターズ監督】のファインプレーの前に阻まれプロ入り初ヒットをここでは逃しています。この1打席が大森の選手生命お大きくわける事になるとは、その時点では本人も首脳陣やファンは誰しも思わなかったと思います。

大森が一瞬輝いたのは、オリックスとの日本シリーズで土壇場で追いつく起死回生のホームランをバックスクリーンに叩き込みました。またこのシリーズではもう1本ホームランを放っていますが、巨人はオリックスに敗れました。

現在は高橋由伸がその背番号を引き継いでいます。高橋は持病の腰痛との戦いもありますが、今期は今の所問題はないようです。もう一花咲かせて欲しいですね。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ