巨人栄光のエースナンバー背番号18番!現在は杉内俊哉だが、桑田、堀内が有名

今日に至るまで巨人の背番号18をつけた投手はたったの8人しかいません。最初にエースナンバーを付けたのがスタルヒン・ビクトルです。藤田元司もこのエースナンバーで一時代を作りました。
g0326
登板過多による故障で現役生活は決して長くはありませんでしたが、今ではとても考えられない短期間で勝ち星を量産しています。またV9時代に活躍した堀内は200勝場以上挙げる事が出来ました。
堀内は負けん気の強さと人1倍努力家で自慢のストレートに磨きをかけ、ウイニングショットでもあるドロップの精度の向上に取り組んでいました。
history10
また牽制が非常に上手く、堀内の癖はあの世界の盗塁王福本ですら見破る事が出来なかった程です。投手に取って牽制球は非常に大切です。

そして、桑田真澄もこのエースナンバーに袖を通します。桑田は、ストレートがスピードガン以上に速くまた、四隅に投げ分けるコントロールも抜群です。
20140406115859621
そして狙っていても打てないカーブやフォークボールも投げ、そして右打者には強気のシュートも平然と投げていました。また桑田はフィールディングも良く打撃センスもピカイチでした。

現在そのエースナンバーは杉内が継承していますが、どうもらしくない投球が続いています。本来の杉内には程遠いです。
33ea5775b20976d5bd16e418ac601d01
低めの球を全て見切られています。キレがない証拠だと思います。スピードガンはあまり気にしなくて良いタイプなのでどこまでキレがもどるかが焦点です。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ