伝説の名投手。沢村栄治。第二次世界大戦勃発で無念の戦士!今年は伊勢球場で伝統の一戦も行われた

日本球界に燦然と輝くその功績は偉大な記録ばかり。日本プロ野球史上最高の投手と、今でも語り継がれる沢村栄治。アメリカ代表と行えわれた、親善試合では、日本0勝16敗と全敗とアメリカに格の違いをまざまざと見せつけられた。
sawamura_photo_3
その中で唯一互角の戦いに持ち込んだのが、沢村栄治。アメリカの強力打線を相手に孤軍奮闘。9回1失点と、味方が援護点を取らなかった為に敗北を喫しますが、非常に中身のある投球内容でした。

沢村は推定時速で160キロ近い剛速球を投げていたとされ、一人だけ次元の地う世界にいたと言われています。

しかし、沢村が生まれた年が運が悪かった。日本は第二次世界大戦を引き起こし、各国で戦争が勃発。特に日本はターゲットにされアメリカから激しい攻撃を受けました。

沢村も徴兵で3度戦争に出向き、3度目の徴兵の際に戦死する。その後戦争は終結し、日本は敗戦国となり、沖縄が米軍の管理下におかれえる等屈辱を味わいます。

復興した。日本のプロ野球は、後に沢村の功績を称え、投手に取って最高の殊勲賞となる沢村賞を創設。

1年間を通し1定の条件を満たしている、投手のみが沢村賞の権利を与えられ、投手にとってはこれ以上の賞はないと言われる程の名誉ある賞です。

今年は沢村栄治が生まれた三重県伊勢市にて巨人対阪神の伝統の一戦が伊勢市にある倉田山公園野球場が改装工事という事もあり特別にオープン戦が行われた!
そこでは巨人の全選手が沢村栄治の永久欠番14番を付け、阪神タイガースが同じく三重県伊勢市出身の沢村栄治のライバルでもあった西村幸生の背番号19を付けてプレーした。

伝統の一戦はドラ1ルーキーが奇跡の逆転満塁ホームランで巨人に軍配が上がった!
show_img
とても寒い日で天気は雹が降るほどの寒さだが何ともすがすがしい気持ちになる試合でした。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ