巨人軍の歴史上最もショートの守備が上手いと言われたのは一体誰?

答えは、川相昌弘現ヘッドコーチです。ミスターから守備だけで1億円の価値がある男と言わしめたその守備は正に天才肌でした。
o0596056312596487957
その守備能力は今までのショートと比べても比較にならないと言われました。川相の守備は打球への反応が非常に早い為、中々二遊間や三遊間をゴロで抜くのは難しいほど、右に左に回り込むのがとにかく早かったです。現在のショートは坂本ですが、守備の能力だけなら川相には到底かないません。また川相はバントの名人でもありました。1番が出て川相が送るのが当時の巨人の野球では定番でした。しかも川相の場合は大抵一発でバントを決めます。これは攻撃のリズムに非常に良い流れを生みます。その為川相は成績の割には年俸は高かったです。これは目に見えない貢献度を球団側が非常に高く評価したからです。ゴールデングラブ賞の常連でショートをやる他球団の選手からは川相がいるうちはゴールデングラブ賞は取れないと半ば諦めの声も、聞かれた程です。川相はコーチになってから坂本を熱心に指導しています。坂本も守備範囲が広いですが、エラーの数が多いのが難点です。その為、川相と二人三脚でエラーを減らす為に取り組んでいます。坂本の守備も流れるような守備で大分安定してきましたが、やはり川相の守備力の領域にはまだまだです。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ