絶好調男・中畑清!!チャンスに燃えた背番号24現在はハマの指揮官!!いつも元気ハツラツ

現役時代、どんな時でもマスコミ対して【絶好調】と応えていた中畑清。どんなに不調のときでも【絶好調】。
t02200367_0240040010223156287
マスコミは中畑清が毎回【絶好調】と応える事からお調子者扱いしていた。しかし、中畑清は巨人には必要な勝負魂の塊の男。実際、中畑が打てば、チームは盛り上がった。またファンもそんな中畑に対して期待度が高く人気も高かった。現在中畑は横浜の監督をしていますが、巨人の打撃コーチ等も経験しています。

巨人の打撃コーチの時は中畑の指導が中々選手に伝わらず苦労したと言う。それもそのはず、現役時代と変わらず打撃のポイントの指導では無くことある事に【絶好調】という中畑に選手は呆気に捉れるだけだった。コーチとしては不向きだったのは間違いない。しかし、チームを纏める指揮官には意外に向いているタイプ。現役時代打った瞬間ファールと分かる打球を、わざとガッツポーズをして1塁に走りだしたりと兎に角目立つのが大好きだった中畑。観客も真剣勝負を一瞬だけ忘れるシーンも演出してきた中畑。チャンスに強く、燃える男とファンの間では言われていた。引退を表明した1989年の日本シリーズ第7戦ではとどめの一撃を放つなど大舞台がとても似合う選手だった中畑。彼を慕う後輩選手は多く、ファンからも選手からも、首脳陣からも愛された背番号24.現在は高橋由伸選手が引き継いでいます。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ