巨人にはバント名人「川相ヘッドコーチ」がいるのに何故、送りバントが決まらないのか?

巨人の弱点の一つ送りバント。現役時代世界新記録を打ち立てた、川相昌弘ヘッドコーチと言う、素晴らしいお手本がいるのにここぞと言う場面での送りバント失敗が目につきます。
MG07206_MGY900_000
送りバントは特に投手に取っては自分を楽にする可能性が高いバントです。一番最悪な、ピッチャーがランナーに残る事は、次の回の投球にも影響してきます。体力を走塁する事によって奪われます。

それが、得点に繋がればまだ、精神的には楽ですが、中途半端にランナーとしている事はウォーミングアップも出来ず、投球内容に支障をきたします。

送りバントの鉄則は1回で決める事です。1回で決めるのと、スリーバントでも何も変わらないと思われがちですが。大きく違います。結果的に送れたに過ぎません。一回で決める事が非常に重要です。巨人の投手陣も川相コーチが付き切りでバントの指導は受けているはずです。世界一送りバントが上手かった川相コーチの指導方法は間違っているとは思えません。
15338
やはり、本番でのプレッシャーに弱いのでしょう。それ以外の理由は考えられません。中には送りバントの上手い投手もいます。しかし、巨人の投手の殆どは送りバントを苦手としています。先入観を持って、打席に立つからプレッシャーに押しつぶされます。この時に、先入観を持っては良い結果は出ません。確かに練習と本番では、満員の観衆が見守る中行いますから、練習通りにいかないのも理解は出来ますが、しっかり練習の成果を出して欲しいものです。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ