「巨人OB」の記事一覧

清原の半生と現在。あまりにも子供な『清原和博告白』を読んで

清原和博告白
清原和博のことを甲子園を見るたびに思い出す。英雄から犯罪者へと堕ちた清原和博氏のロングインタビューを

背番号33!三塁手・江藤智!ミスターの番号を受け継いだ男!

1990年代の巨人の指揮はミスターこと長嶋茂雄氏が執っていました。現役時代は栄光の背番号3を背負いフ

背番号15 名捕手・山倉和博!扇の要の系譜!

山倉和博
現在の巨人の扇の要は小林誠司捕手が務めています。以前は阿部慎之助選手が攻守にチームの中心を務め、巨人

伝説の名投手。沢村栄治。第二次世界大戦勃発で無念の戦士

日本球界に燦然と輝くその功績は偉大な記録ばかり。日本プロ野球史上最高の投手と、今でも言われている沢村

デーブの愛称で親しまれた大久保博元。巨人にきて素質開花

ドラフト1位で西武に指名され、大きな期待をかけられ西武に入団。しかし、そこには厳しい現実が待っていま

潜在能力は1級品も中々試合で持ち味を出せずに苦しんだ林昌範

先発に中継ぎに抑えとあらゆる投手としては、ポジションを経験した林昌範。持っている潜在能力は他球団も警

日米7球団を渡り歩いた木田優夫の原点は巨人。1990年には12勝

最速156キロをマークした本格派剛腕右腕木田優夫。ストレートの威力は素晴らしく、捕手がしっかりと捕球

河埜和正V9以降のショートを守ったいぶし銀の男1000安打も記録

栄光のV9以降のショートを守ったのは河埜和正。玄人受けする選手で、いぶし銀の活躍をしました。やはりV

脇役投手入来祐作。1年だけローテーションでフル回転13勝

1996年のドラフト1位指名選手入来祐作。社会人野球ナンバー1右腕の呼び声が高く、複数の球団が獲得に

巨人一筋高橋由伸。39歳になった今でもその輝きとオーラは別格

1997年ドラフト1位入団、高橋由伸選手。ドラフト前は意中の球団はヤクルトと大きく報道されました。最

石毛博史剛腕ストッパー橋本清とのコンビで大活躍。優勝に大きく貢献

藤田監督の元、その素質を高う評価されていた、石毛博史。 抑えの切り札として大抜擢され、抑え石毛。セッ

元祖満塁男駒田徳広。玉突きFAで横浜へ移籍した左の好打者

プロ入り初打席で満塁ホームランを放った駒田徳広。本来はこの試合は代打要員でしたが、レギュラー選手の怪
サブコンテンツ

ページTOPへ