左のセットアッパー星野真澄 結婚式1ヶ月前の戦力外通告からその後は・・・

2009年度育成ドラフトで1位指名され入団した星野真澄。左のスリークウォーターから150kmのストレートやスライダーなどを武器にしていたが、統一球への適応や怪我などで、2014年10月、結婚式1ヶ月前に戦力外通告を受けました。

通算成績:43登板、1勝0敗、防御率4.37、背番号100-95-60-001

275px-Giants_hoshino

 

スポーツ強豪校の埼玉栄高校出身。しかし、3年間ベンチ入りすることはできませんでした。その後、愛知工業大学、社会人でプレーし、社会人(バイタルネット)でプレーしているときにドラフト候補に挙がりますが、北信越大会決勝の当日に気胸になり、思うようなプレーができず敗退。ドラフトも指名されませんでした。

 

しかし、翌年の2009年からはプロとしての思いを求めBCリーグ(信濃グランセローズ)でプレー。エースとして活躍し、その年のドラフト会で育成枠として巨人軍に1位指名され入団しました。

V‚µ‚¢”w”ԍ†‚̃†ƒjƒz[ƒ€‚ð”â˜I‚·‚鐯–ì“ŠŽè

 

入団後の春季キャンプでは”山口鉄也を彷彿とさせる”と高い評価を受け、支配下登録となりました。その年は一軍として左打者のワンポイントや敗戦投手として34試合に登板の活躍をみせました。

 

プロ初勝利は2012年の5月27日。北海道日本ハム戦でした。2番手として3イニング打者9人を完璧に抑えお立ち台に立ちました。

03e66241

 

しかし、その後は成績は思うように上がらず、二軍へ降格。8月には左股関節唇の修復手術を受けたことでリハビリを行うこととなりました。シーズン終了には育成選手に逆戻りするが、2013年7月に支配下登録されました。このリハビリの期間に近くで支え続けていたのが2014年に結婚することとなる奥様でした。

 

2014年は2軍で45試合36回登板し被本塁打0に抑える好投をしましたが1軍に上がれませんでした。そしてシーズン終了後に戦力外通告を受けました。トライアウトを受けましたが受け入れてくれる球団がなく引退となりました。

 

現在はスポーツクラブの「ゴールドジム」に入社し午前中はゴールドジム・ベースボールチームの一員として、午後はスポーツトレーナーとして働いています。

20150628

トレーニングと技術を併せ持ったチームとして、プロ野球での経験を生かし都市対抗野球出場を目標にセカンドキャリアをスタートさせていました。

 

これからもがんばってください!

 

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ