クロマティの代役、呂明賜10試合で7フォーマーを量産したアジアの大砲

初打席初本塁打を記録する等、派手なデビューを果たした呂明賜その長打力は相手球団の脅威となります。呂明賜は10試合で7本塁打を放つ等、他球団のスコアラーが研究する間も無く、まるでマシンガンのようにホームランを打ち続けその中にはサヨナラホームランもありました。
12
慌てた他球団のスコアラー陣は、こぞって呂明賜の分析を開始します。その途端、呂明賜のホームランのペースが急激にダウンします。元々10試合で7本のホームランを放つ事事態が驚異の出来事であり、研究されれば当然打てなくなる確率も高くなります。

1年目の呂明賜255 16本 40打点でした。数字だけみればそれ程騒ぎ立てる程の結果ではありませんが、デビューが余りにも鮮烈でインパクトが強すぎた為、数字以上に感じたファンの人も多いはずです。しかし、翌年はホームランは僅か2本。復帰したクロマティやガリクソン等がいた為外国人枠の関係で出番が少なくなりました。

この年のホームラン2本を最後に日本球界で最後のホームランになりました。巨人には4年間在籍しましたが輝きを放ったのは1年目だけでしたが、今もその活躍を鮮明に覚えている人も多いと思います。プロ野球の世界でヒットを1本も打てずに終わる選手が多い中10試合で7ホーマーは胸を張って良い数字だと思います。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ