バリバリのメジャーリーガー、ガリクソン。糖尿病との戦い。

当時、ガリクソンの巨人入団はファンならずとも衝撃が走りました。ガリクソンはバリバリのメジャーリーガーで2桁勝利を何度もしている投手。【ニューヨークヤンキース】との水が合わなかったのか、巨人と1年2億円で契約しました。
キャプチャ181
これは巨人に取って非常にお買い得の選手でした。巨人入団1年目は幸先良く14勝をあげ周囲の期待に応えます。また、ガリクソンは、持病の糖尿病の為、常にインシュリンを持ち歩いていました。基本的に糖尿病に患者は過激な運動は控えるように指導されますが、プロ野球と言う大舞台で過激な運動を控えるのは、無理な話です。

ガリクソンは桑田と非常に仲が良かったです。2年目は糖尿病の影響もあってか7勝。しかし、ガリクソンを獲得したのは非常に大きかったです。当時バリバリのメジャーリーガーが日本にやって来る事はありませんでした。ガリクソン獲得は他球団も驚いた事でしょう。そしてガリクソンはメジャーに復帰すると、20勝を挙げ、最多勝を挙げました。

やはり日本にもう少し慣れていれば、日本でも20勝は出来たかもしれませんね。それにしても【ニューヨークヤンキース】は大損をしましたね。日本でこれだけ活躍し、大リーグに復帰して最多勝ですから痛恨ですね。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ