ドミニカからやってきた剛球右腕ガルベス。打撃でも大活躍。

日本のプロ野球の歴史の中で投手が1シーズンに2本の満塁ホームランを放ったのはガルベスただ一人です。投手としても高い素質を持っていましたが打撃センスも抜群で、ホームラン以外でもセーフティーバントを決める等大活躍しました。
キャプチャ177
本職の投手でも来日1年目に16勝をマーク。150キロ前後のムービングファーストボールを武器チェンジアップ、シュート、スライダー特に、シュートのキレが良く相手打線に取っては非常に厄介な球です、ガルベスは非常に内角を攻めるのが上手く、相手打線に取っては非常に対戦しずらい投手でした。変化球はどの球も1級品でスライダーも切れが良く、また大きく曲がるのが特徴でした。

チェンジアップも非常に緩急の差が効いていて非常に打ち辛い球種でした。このチェンジアップで相手打者から三振を奪う事が多かったです。ガルベスは1年目の16勝がキャリアハイでその翌年以降は12勝ずつ巨人在籍最後の年は9勝でした。非常に、セットポジションの時に癖があり、盗塁されるケースが非常に多かった投手です。クイックモーションがあまり得意では無く、またあまり1塁へ牽制球を投げない投手でした。

全体的には先発完投型の投手で、非常にバランスの取れた選手でした。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ