新外国人投手クリス・セドン。2軍で好結果を残して1軍昇格。

背番号49はクロマティのイメージが鮮烈過ぎます。今年背番号49を身に着けたのは新外国人クリス・セドン投手。オープン戦では全く良い所が無く、解雇確定的かと思われた程、内容は酷かったです。
キャプチャ161
しかし、ファームに落として先発で使って見ると2試合投げて、自責点0の防御率0・00の好成績。これには、1軍首脳陣も1度挙げて使ってみようとなったようですが、ファームと1軍では打者のレベルが違いますからね。左投手ですから活躍してくれると良いのですが、オープン戦を見る限りウィニングショットがないのがネックです。

本来はウィニングショットを持っているのでしょうが、オープン戦では見られませんでした。また完投するタイプの投手ではないので、6回か7回が限界の投手です。あまり大きな期待は現段階ではかけられません。1軍の試合でどんな投球を見せるか見て見ないと本当に何とも言えませんね。上手く1軍で活躍出来る投手なら良いのですが、オープン戦の印象が悪すぎるので、どうしても信用しきれないですね。

特にストレートも速くないですし、ウィニングショットもまだ未知数。先発投手陣が今年は不安なのでチャンスではありますが、巨人ファンとしては不安のほうが大きいです。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ