背番号42番現在はアンダーソン。先人達はどんな選手が着けていた

この番号は外国人選手が身に着ける事が多いです。現在は新外国人選手アンダーソン選手がつけています。
キューバ出身の選手で巨人軍の長い歴史の中でも初めてのキューバ人選手です。
キャプチャ100

その前はジョンボウカー。ボウカーは1年目の成績が悪すぎた為、解雇確実と思われていましたが、クライマックスファイナルステージと、日本シリーズで大活躍した事が認められ契約延長となりました。昨年は4月にかなり打ち、ある程度の成績を残しボーダーライン上でしたが、自由契約となりました。

その前がエドガー。エドガーは一旦自由契約になりましたが、外国人が手薄な事や、日本球界での経験がある事からシーズン途中から再加入しました。その前がトーレス。あまりと言うか殆ど活躍しなかったので印象に残っている人も少ないでしょう。

その前が、マーク・クルーン剛速球ストッパーでしたが、安定感にイマイチ欠けるシーン等もあり安心して見ていられる試合が少なかったです。

その前がパウエル。パウエルは2年間在籍しましたが、外国人選手としては物足りない数字に終わりました。その前がシコースキー。シコースキーは腕をグルグル回すパフォーマンスでファンからも人気が高かったです。貴重な中継ぎ投手として活躍しました。巨人退団後も複数の日本球界のチームで活躍しました。この様に背番号42番は最近は外国人専用の番号になっています。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ