背番号列伝。巨人軍「背番号5」一番インパクトに残るのは清原か!?

現在巨人の背番号5はホセ・ロペス選手が付けています。その前はアレックス・ラミレス選手が付けていました。ラミレス選手はファンからとても人気があり、ホームランを放った後のパフォーマンスも子供達から人気を博しました。また勝負強く、ホームラン打点を量産しました。しかし、巨人が独自で見つけてきた外国人選手では無く、ヤクルトとの契約のこじれから獲得した選手でした。
Giants_lopez
ラミレス選手が、巨人が取ってきたら、クロマティを超える最高助っ人なんですけどね・・・。その前はルイス・ゴンザレス。怪我に悩まされた外国人選手でしたね。
ramiresu
あまり印象がない選手です。その前が、ディロン,ジョーこの外国人は本当にダメ外国人選手の典型的な選手でしたね。

そしてその前が清原和博。清原も巨人にきてから急に怪我が多くなりましたね。それでもファンからの支持は絶大なものがありました。
清原信者は多かったですね。
274
清原和博が1年を通して活躍できたのは巨人在籍9年の中でほんの数年ですが、ファンは清原和博のバッティングに酔いしれました。また、桑田真澄が先発の時は、良く打ちましたね。やはりPL学年の絆はしっかりと残っていましたね。清原の背番号5は本当に良く似合っていました。

しかーし!岡崎郁も忘れてはいけない!

現役時代の岡崎郁応援歌!こんな歌だったかな~w

なんといっても少しオープンスタンスだったバッテイングフォームがカッコ良かったなぁ~。

この時はあまりオープンではないが一時的がもっとバットを前に持ってきてました。小学生の時によく真似をしました。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ