巨人、歴代キューバ人助っ人一覧。巨人を踏み台にして亡命!?

グリエル、デスパイネ、ビシエド……日本球界でも好成績を収めるキューバ人選手が増えてきた。

助っ人外国人の中でも、その国家事情から異色の経歴を持つ選手が多い。

もちろん、近年の巨人でもキューバ人選手を獲得する機会は多くなっている。が、巨人ではあまり大成功と言った選手が出てきていないのも現実だ。

キューバの野球事情と、歴代のキューバ人助っ人を見てみよう。

キューバの野球事情

キューバ代表

まず、キューバの野球事情をおさらいしておく。

キューバの野球と云えば、かつてはオリンピックでは金メダルを獲得するなど、アマチュア最強として有名であった。

僕が子供のころなども、オリンピックなどの印象から、キューバは野球が強い国。という印象があった。

しかし、近年では、オリンピックやWBCなどの国際試合において、アマチュアではなくプロ野球選手が多く参加する傾向が強くなると、そのキューバの強さも鳴りを潜めてしまった。

なぜ、キューバ代表は弱くなってしまったのだろうか。

選手は全員公務員!その給料は?

キューバはアマチュア最強と言われていたが、そもそもキューバにはプロ野球は存在しない。

社会主義国であるキューバは、国民すべてが公務員である。

なので、国家に認められた職業として、選手たちは野球をプレーしているのだ。

その給料は、日本円にして年俸2~3万円。なんと中井選手の1000分の1ほどしかない。

つまり、中井選手が今年の給料を持ってキューバへ移住すれば、1000年は遊んで暮らせるということになる。

なんという低賃金。しかも、プロとは違って、成績によって給料が上がるということもない。あるのは名誉だけだ。

代表選手などに選出されると、多少のボーナスは支給されるようだが、プロ野球選手と比べれば雀の涙のような金額だろう。

ちなみに、そんな低賃金でどうやって生活しているのかと云えば、社会国家のキューバでは、生活必需品などはもっぱら国に配給されるそうだ。もちろん、住む場所や医療費なども同様で、普通に生きていく分には何の問題もないのだろう。

別に金持ちになって豪遊なんてしなくていい、好きな事だけして暮らして行ければ……なんて思っている僕なんかにとっては夢のような世界だが、やはりキューバの野球選手たちには飽き足りないものがあるのだろう。

Sponsored Link

後を絶たない亡命選手。なぜ彼らは亡命するのか?

そして、そんなキューバを捨てて、亡命選手としてメジャーリーグなどを目指す選手は後を絶たない。

たしかに、どれだけいい成績を残しても、給料が変わらないというのなら、モチベーションを保つのも大変だろう。

そして、華やかなメジャーリーグの世界を見れば、そこに飛び込みたいと思うこともあるの無理からぬこと。

年俸の面を見ても、キューバで野球をする何万倍という額を得られる可能性もある。

現に、人類最速の球速を持つ、ヤンキースのチャップマンなどは、5年97億円という想像を絶する給料を得ている。

そして、金のために亡命する選手が増えれば、必然、キューバの野球のレベルは下がってしまう。優秀な選手はどんどん抜けていって、亡命により国に戻ることはできないから、代表にももちろん選出されない。

そうすれば、別に金のためにやっていないという選手も、もっとレベルの高い野球をしてみたいと思うのは仕方がないことだろう。そのスパイラルによって、優秀な選手は次々とキューバを去っていってしまうのだ。

日本チームにはオフィシャルに入団可能

さすがに、そんな国際試合での成績低下の窮状を憂いたキューバ政府は、この亡命ラッシュになんとか歯止めをかけようと、キューバ選手の国外移籍を容認する動きを始める。

その移籍には様々な制約があるものの、2014年から、国交のある国外のプロ野球リーグに、リース契約という形で選手を派遣することが可能になった

ソフトバンクのデスパイネなどは、そういう正式な手続きを経て、国外リーグを渡り歩き、現在、日本でプレーしている。もちろん、オフィシャルな手続きのもとでプレーしているので、WBCの代表にも選出されている。

だが、やはり国交が完全に回復していない、アメリカのメジャーリーグへ渡ることは未だ不可能だ。

オバマ政権時に、国交は回復しつつあったので、いずれは正式にキューバ選手がメジャーリーガーになれる日もくるかと思われていたが、トランプ政権に代わったことで、その可能性は再びゼロに近くなってしまった。

巨人、歴代キューバ人助っ人一覧

さて、ここからようやく本題だ。上記のように政治的にも入り組んだ野球事情を強いられているキューバ人助っ人選手たちだが、巨人での活躍はどうだろうか。

Sponsored Link


キューバ人助っ人第1号レスリー・アンダーソン

下村

2014年、巨人のキューバ人助っ人第1号として入団したレスリー・アンダーソン。

入団初年度の成績は、87試合に出場して、打率.319、50打点、15本塁打というまずまずの成績を残した。

出場試合数が少ない分、そのインパクトは大きく、キューバ人助っ人には期待できるのでは?と当時の僕もワクワクしたものだったが、その後、ケガに悩まされ2軍漬けの日々。2016年に自由契約になってしまった。

僕は偶然、アンダーソンの日本での最終打席をジャイアンツ球場で見ていたのだが、かつての迫力は鳴りを潜め、力ないレフトフライに倒れた姿は、とても寂しいものだった。

アンダーソンは、亡命選手のため、自由契約後も祖国キューバに帰ることはできない。彼が自分で選んだ道とはいえ、野球を失った亡命選手の末路は、あまり明るいものではないだろう。

キューバの至宝。打率0割の人格者、フレデリク・セペダ

セペダさん

キューバの至宝と言われた大ベテランは、正式な手続きを踏んで、巨人へやって来た。

年俸1億5000万。いままで公務員としてキューバで野球をやっていたセペダからしたら、果てしない金額だろう。

しかし、セペダは移籍の理由を「金のためではない、最高のプレイヤーになるため」と云い、金目当てでは?という質問を否定している。

その思いは本当だったようで、セペダは人格者として認知されている。その性格の良さからファンからも愛されていたが、日本での成績は残念の一言。

1年目はケガの影響から、打率.194、6本塁打という成績に終わり、2年目は球団史上初の助っ人外国人として打率.000を記録。しかし、打率0にも拘わらず、出塁率.250を記録していることから、選球眼は超一流だったと言える。

キューバリーグで出塁率5割以上を記録していた全盛期時代に、もし亡命していたら、メジャーリーグで活躍するような選手になっていたかもしれない。

しかし、愚直にキューバで野球を続け、最後に巨人でプレーをしてくれたセペダさんは、まさにキューバの至宝と呼ぶに相応しい人物だった。愛すべきダメ助っ人だ。

現在は祖国キューバに戻り、指導者として活躍している。

亡命前提の来日?ホセ・ガルシアとエクトル・メンドーサ

ガルシア

キューバの長野、と呼ばれていたホセ・ガルシア。2016年にキューバリーグから正式に巨人へと移籍する。

キューバリーグでは若くして最多安打のタイトルを獲得し、将来を期待されていたが、巨人では打率.000。

なんというかプレーもやる気を感じられないように見えた。どうも日本食が口に合わず、モチベーションが保てなかったようだが、僕は最初から日本で野球をやる気がなかったんじゃないか?と思っている。

その後もまったく振るわず、たったの4か月で契約解除。キューバに帰国する途中、行方不明となる

そして、現在はなんとメジャーリーガーとなっている。帰国の途上で亡命し、カージナルスと契約したそうだ。

やはり、ガルシアは最初から亡命目当てだったのではないだろうか?

当時の巨人には、亡命経験者のレスリー・アンダーソンが在籍していた。アンダーソンから亡命の手引きを受けたのでは……と考えざるを得ない。

このガルシアの亡命に続いて、中継ぎ投手と期待されていたメンドーサも、自由契約後に亡命し、カージナルスとマイナー契約を結んだ。

この二人は、巨人を踏み台に亡命したのでは、とまで思ってしまう。

こんなことをされては、今後、巨人がキューバリーグから選手を獲得するというのは難しくなるかもしれない。

昨年の本塁打王、アレックス・ゲレーロ

ソローロ

ゲレーロは亡命選手だ。メジャーリーグでの経験もある。

2017年、中日でプレーし、本塁打王を獲得。ホームランが入りにくいナゴヤドームを本拠地とする中日で本塁打王を獲得したそのパワーは文句なしだろう、と今年巨人が2年8億で獲得。

しかし、現状は本塁打も15本と情けない成績

ゲレーロ本人に問題があるのか、そもそも巨人とキューバ人は相性が悪いんじゃないかとすら思えてくる。

まとめ

現状、巨人のキューバ人助っ人は、はっきり言ってハズレばかりだ。

亡命選手であるアンダーソンとゲレーロを除く、正式なキューバリーグの選手であった三人は、まったくと言っていいほど役に立っていない。

巨人とキューバ人の相性が悪いとか以前に、ガルシアとメンドーサが、まるで巨人を踏み台にメジャーへと亡命していったことから鑑みるに、今後、キューバリーグの正式な助っ人を獲得する可能性はかなり低いだろう。

助っ人はおとなしく、メジャー等で実績のある選手を獲得するのが、懸命かもしれない。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ