巨人軍史上投手の最高助っ人、スコットマシソン。自慢の速球は健在!

ストレートが速いのは投手にとってこれ以上ない武器です。当然、相手もストレートが速い投手は嫌がります。巨人の絶対的セットアッパースコットマシソン投手のストレートの威力は凄まじいものがあります。
MG06793_MGY900_000
これまでに160キロを2回計測したストレートは常時150キロ以上を計測し、まるでボールが唸りをあげるかの如くキャッチャーのミットに収まります。来日当初は、紅白戦で頭部にデットボールを与えるなどコントロールに難がありました。2軍の豊田清コーチが体の突っ込むのが早い点を指摘し、改善するとコントロールは飛躍的に向上し、当初マスコミはマシ損等と揶揄していましたが、いつのまにか剛腕マシソンと呼ばれるようになりました。昨年は更に進化し最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得するなど巨人投手陣には欠かせない存在となっています。
bb-20120216-002-ns300
今年も、そのストレートは健在で、相手チーム取っては難攻不落の強敵となるでしょう。巨人としては非常に頼もしい存在でこれまで獲得した外国人投手の中でも最高の投手だと思います。ガリクソン投手など先発で活躍した投手もいますが、マシソン投手の方が、チームに対しての貢献度は断然高いと思います。マシソン投手が時折投げる、スライダーはコースがど真ん中でドキッとしますが、打者が想定していない事が多く呆気なく見逃します。打者のしまったと言う顔がとても痛快です。今年も巨人ファンを魅了してくれる投球に期待しましょう。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ