1996年リーグ優勝の立役者!守護神マリオを覚えていますか?

1996年のセ・リーグは巨人が後に「メイクドラマ」と語り継がれる大逆転劇を果たして制覇をしました。松井選手の覚醒、斉藤雅樹投手とガルベス投手の同時最多勝獲得など華々しい活躍が目立つシーズンとなりました。
しかし、この優勝のを支えたクローザーの存在を覚えているでしょうか?ガルベス投手と同じくこの1996年に巨人に入団したマリオ・ブリトー投手も巨人のリーグ制覇に大きく貢献した存在です。

お化けフォークは歴代でもトップクラス!?

mario

マリオ投手は当時の巨人がクローザーとして期待していた石毛投手や西山投手が期待に応えられなかったため獲得された投手です。
フォークの握りがばれてしまうという欠点もありましたが、フォークという球種で日本の打者たちをきりきり舞いさせていました。当時の日本には野茂投手がメジャーリーグで大活躍したこともあり、フォークという球種が非常にクローズアップされていました。そんな中でもマリオ投手のフォークの威力は群を抜いていました。このシーズン限りでマリオ投手は巨人のユニフォームを脱ぐことになりました。長年クローザーに苦しみ続けた巨人でしたが、マリオ投手の存在は結果はさておきクローザーという存在の重要さを認識する機会になったことだと思います。
フォークと言えば野茂投手?大魔神・佐々木?彼らだけではありません。フォークという球種でマリオ投手は日本を騒がせていたのです。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ