「FA・移籍組」の記事一覧(2 / 3ページ)

背番号33!三塁手・江藤智!ミスターの番号を受け継いだ男!

1990年代の巨人の指揮はミスターこと長嶋茂雄氏が執っていました。現役時代は栄光の背番号3を背負いフ

FA加入の村田修一!来シーズンの契約はどうなるか?

2011年オフにFA権を行使してジャイアンツへ移籍した村田修一選手ですが、2013年オフに結んだ複数

1年目からエンジン全開上原浩治。1年目から20勝の大活躍!!

開幕ローテション入りを果たし、巨人の即戦力ルーキーとして、大きな期待を背負った上原浩治。4月はそれ程

高橋尚成プロ初先発初勝利。堀内以来の快挙の技巧派左腕

逆指名で巨人に入団し1年目に9勝をマーク2桁勝利には届かなかったものの、9勝6敗防御率3・18の好成

晩年を巨人でプレーした走塁の魔術師、簑田浩二衰えながらもVに貢献

阪急ブレーブスで荒波にもまれその中で、30本以上のホームラン、30盗塁以上、30犠打以上を決めている

ゴールデンルーキだった木佐貫洋。素質は十分もノミの心臓

2002年のドラフト自由枠で亜細亜大学から巨人に入団した木佐貫洋ストレートは最速155キロを投げる、

今年こそ貯金を作れ澤村拓一。自慢のストレートに自信を持て!!

鳴り者入りで入団し、1年目から2桁勝利をあげている澤村拓一投手。 しかし、1年間11勝11敗。2年目

広島からやってきた、ローテーション投手大竹寛。今年はキャリアハイ

巨人に取っての痛恨だったのは、大竹寛投手をFAで獲得した際に人的補償で一岡竜二投手を取られた事です。

変則サウスポー青木高広。貴重な中継ぎ投手の一員勝ちゲームには必要

広島からトレードでやってきた変則左腕。広島時代は20ホールドを記録する等、勝ちゲームの中継ぎには欠か

往年の力は無かった、不運のストッパー豊田清。西武時代は黄金右腕

巨人が抱えていたウィークポイント、抑え投手にFAで豊田清を西武から獲得。西武時代は驚異的な成績をスッ

背番号8、現在は西武から新戦力「片岡治大」がつけるが、本当は生え抜きに付けてほしい番号

巨人軍の歴史の中でも永久欠番になっていない背番号ではこの8番は非常に熱い背番号です。原監督が現役時代

試合を壊さない貴重な存在。昨年以上の活躍を期待したい香月良太投手は背番号13で再スタート

僅差の試合を制する為には、中継ぎ投手の活躍が必要です。特にビハインドで出る投手は、勝利の方程式の投手
サブコンテンツ

ページTOPへ