広島からやってきた、ローテーション投手大竹寛。今年はキャリアハイ

巨人に取っての痛恨だったのは、大竹寛投手をFAで獲得した際に人的補償で一岡竜二投手を取られた事です。プロテクトは28人しか出来ない為、非常に痛恨でした。
キャプチャ166
一岡はファームで抑えをやる等、これから、活躍が大いに期待できる選手だっただけに痛恨ですが、ただ、獲得した大竹も、ローテーションで回せる投手なので、気持ちを切り替え、大竹の活躍に期待したいですね。広島で11勝程度でしたから、巨人打線のバックアップがあれば15勝は挙げてもなんら不思議に思う事のない投手ですね。

巨人の大竹と言われるように活躍して欲しいですね。大竹はシュートを投げるので相手バッターはどうしても腰がひけるんですよね。そこを外角のスライダーで上手く引っかけさせ内野ゴロに打ち取るのが非常に上手い投手です。クイックモーションも早く、塁に出ても簡単に走れる投手ではありません。やはり投手の基をマスターしておくだけでかなり効率の良い投球が出来ます。

大竹のストレートは大体140キロ代前半。そこにシュート、スライダー、カーブ、フォークを投げる技巧派の投手です。入団当初本格派の投手でしたが、怪我等もあり、肘に負担のかからない投球スタイルに変えています。大竹には、やはり最低15勝は勝って欲しいですね。まああくまでも一ファンの希望ですが、巨人での活躍を期待しています。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ