往年の力は無かった、不運のストッパー豊田清。西武時代は黄金右腕

巨人が抱えていたウィークポイント、抑え投手にFAで豊田清を西武から獲得。西武時代は驚異的な成績をスットパーとして持っていた豊田。特に2002年は6勝1敗38S防御率0・78とスットパーとして完璧な役割を果たしました。
キャプチャ158
この年、巨人と日本シリーズで対戦しました。巨人は豊田を出す前に試合を決めてしまおうと打線が奮起し、4連勝で一気に日本一に登りつめました。2005年オフ豊田はFA権を行使。巨人が獲得し、長年のウィークポイントだったスットパーがついに誕生したと誰もが思いました。しかし、1勝4敗13S防御率3・32と全盛期の力は完全になく、3点リードの試合もサヨナラ負けを味あう等、絶対的ストッパーを期待していた巨人首脳陣の期待を大きく裏切りました。

しかし、一つの判定から歯車が狂い始め、3点差逆転には巨人ナインもショックを隠せませんでした。結局豊田は西武時代の輝かしい実績は過去の杵柄でした。ストレートのスピードも西武時代は150キロ前後出ていましたが、巨人に来てからは最速でも143キロ程度とストレートの威力も完全に失われていました。全盛期を過ぎても長く1流で続けるプロ野球選手はいます。

ただ、その傾向はバッターに多く見られます。豊田に取って巨人のスットパーと言う役割は過酷だったのかも知れません。2002年の姿が余りにもインパクトが強すぎた為に、少しショックでした。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ